医師の志望動機<病理科>へ転職

診療科別の医師志望動機の例文TOP >> 診療科別 >> 医師の志望動機<病理科>へ転職

医師の志望動機<病理科>へ転職

@内科から病理科へ転職をしていく場合
内科から病理科へ転職を決めた理由としては、検査や診断の際によりしっかりとした検査や、診断をしていきたいと考えたからです。一般的に病理科というのはあまり表に出てくることはありませんが、だからこそ医療の現場を支えていくための存在として活躍をしたいと思いました。内科としての知識や見識は活かしていけると思うので、病理科医として将来的に仕事をしていきたいと思っております。

病理科からしっかりとした仕事をしていきたいと思った際に貴院の設備というのはとても大きなメリットがあると思いました。病理科がある医療機関が少ない中で、設備も揃っているというのは非常に大きな魅力となっています。

A胃腸科から病理科へ転職をしていく場合
胃腸に異常を訴える人は、精密検査をすることも多くあり、病理科や病理に関して関心を持っていく機会が非常に多くありました。そのため胃腸科医としても病理にはとても大きな関心があり、今回を機会に、病理科の医師として専門的に活動をしたいという気持ちになりました。病理の重要性というのはとても大きくあると考えており、精密な検査や診断をしていく上で、病理科の専門家の意見や見識というのはとても大きな影響力を持ってくると言えます。

貴院でこの病理科として勤務をしたいと考えるのは、貴院はあまり珍しくない病理科にスポットを当てているからです。病理科の存在が大きな点が病理科として可能性を大きくしてくれるのではという期待につながっております。病理科としていい加減な仕事をしてしまうことは決してないようにし、医師としてのスキルアップ、レベルアップに繋げていきたいと思います。

B皮膚科から病理科へ転職をしていく場合
皮膚科でしっかりとした検査というのが時折必要になることも多く、この検査を通して病理については深い理解を示すことができました。この皮膚科の経験を通して、病理科医師としての経験を積んでいきたいと思っています。病理科については経験はありませんが、医師として10年以上の経験をしてきているので、病理科であってもしっかりと仕事をしていく自信があります。

貴院で病理科の医師として仕事ができれば、病理に関する理解をより深められるだけでなく、数多くの人の健康に貢献することができると感じております。貴院の充実した勤務体制のもとで、長期的にお仕事をさせていただければと思っています。

医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 医師志望動機ガイド【※事例別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.