医師の志望動機<眼科>へ転職

診療科別の医師志望動機の例文TOP >> 診療科別 >> 医師の志望動機<眼科>へ転職

医師の志望動機<眼科>へ転職

@外科から眼科へ転職をしていく場合
外科として10年以上仕事をし、そろそろこの知識を利用して他の診療科に転職をしていこうと思った際に、貴院の眼科を見つけました。眼科として歴史があり、医師としても能力のある人がそろっているということで、自分にとっても良い刺激になると考えました。医師として成長をすることができれば、眼科医として貴院にふさわしい医師として大きな活躍をすることができるようになると考えております。外科から眼科となると大きな診療科としての違いがあると思います。

仕事の環境や、仕事で大切になることなど、今の自分では経験していないようなことが待ち構えていると思います。ただ、仕事をしていく上でそれらのことを自分の中にしっかりと取り入れ成長につなげていける自信があります。10年以上の外科医としての経験を適切に発揮していければとも思っております。

A眼科から眼科へ転職をしていく場合
眼科で5年経験をし、経験3年目ほどから本格的な治療をすることができる眼科への転職ができればと思っておりました。眼科に関しての専門知識はしっかりと保有しており、眼科で仕事をする前には外科での仕事をしていたので、医学的な知識も一通りそろっております。眼科でこれまでの経験を活かしていきたい、よりスキルアップをしていきたいと思った際に治療という過程にもっと深くかかわっていきたいという気持ちが大きくなり、本格的な目、その周辺の治療を行っている貴院に大きな興味、関心を持ちました。

外科と眼科の両方の知識を持っているため、最初から即戦力として現場に入ることも可能です。今現在が、医師としての最高潮とは感じておらず、まだまだ勉強をしていかなければいけないと思っております。貴院でその思いをしっかりと行動に移していければと考えています。

Bクリニックから眼科へ転職をしていく場合
一般的なクリニックにおいて診察などを行ってきています。経験としては6年ほどであり、内科、皮膚科などを対応してきています。長い間クリニックで仕事をしてきたため、そろそろ違う診療科で仕事をしたいという気持ちが出てきました。医師になった時に眼科に興味があったことも影響し、眼科でしっかりとした経験を積んでいければと思っております。

内科皮膚科の知識を利用し、様々な方面から眼科に関する病気、症状にアプローチをしていければと思っております。そうすることで、より患者の方に適切に症状の把握をしてもらったり適切な治療につなげてもらうことができると考えております。 眼科医として、安直的な診察、診断になってしまわないように、常に個人と向き合い、よりそうような診察、診断を心掛けていきたいと思っております。

医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 医師志望動機ガイド【※事例別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.