医師の志望動機<皮膚科>へ転職

診療科別の医師志望動機の例文TOP >> 診療科別 >> 医師の志望動機<皮膚科>へ転職

医師の志望動機<皮膚科>へ転職

@内科から皮膚科への転職をしていく場合
今回貴院の皮膚科医を志望させていただきます。内科医として20年ほど勤務をしてきた中で、内科と皮膚科の密接な関連性というのを強く感じていきました。皮膚科に対する理解が内科で必要になることも多くあり、内科として皮膚科の専門的な知識をしっかりと身につけていくことが医師としてのスキルアップにつながると考えています。貴院の皮膚科は、内科的な視点も持っているとお見受けしたため、志望をさせていただきました。

内科医としてしっかりと勤務をしてきたため、内科医としての実績を活かしながら勤務をしていきたいと思っております。皮膚科の表面的な症状だけではなく、しっかりと症状を掴んでいき、その上で治療をしていくことを心がけながら仕事をしていきます。

A外科から皮膚科へ
外科と皮膚科は非常に深い関係があるということを外科医として勤務してきた中で強く感じておりました。貴院を志望させていただいた背景には、外科的な治療によって皮膚に跡が残ってしまうことや、皮膚に悪影響が出てきてしまうことがどうしてもあるため、それに対する専門的な治療を勉強していたところ、皮膚科医として勤務をしたいという気持ちが強くなってきたことが影響しています。貴院は皮膚科であり、症状を良くすると同時に、見栄えを良くすることにも焦点を当てているため、自分の思いを具現化していくことができる職場になると考えました。

外科と皮膚科はあまり関係がないと思われてしまうことが多いですが、密接な関係があることをしっかりと自分を通して一般の人にも知ってもらえればとも思っております。そのためにも貴院で勉強をさせていただければと思っております。

B精神科から皮膚科へ
精神科で仕事をしていく中で皮膚のトラブルと直面することが多くありました。そこで皮膚科に興味をもち、転職を決意しました。貴院で皮膚科の医師として仕事をしていきたいと考えた志望動機、理由は皮膚科として設備が整い、また総合的に皮膚科の診療をしていけることが大きな点となっております。精神科での経験を活かしながら、皮膚科として長期的に勤務をしていければと思っております。

貴院で仕事をしていく中で、研修なども豊富にあるということで、皮膚科医としてできる限り早く活動できるよう勤めていく次第です。また精神科として仕事をしていく中で皮膚の症状などについて勉強をしたこともあるためそれらの知識も活かして勤務をしていきたいと考えます。

医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 医師志望動機ガイド【※事例別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.