医師の志望動機<泌尿器科>へ転職

診療科別の医師志望動機の例文TOP >> 診療科別 >> 医師の志望動機<泌尿器科>へ転職

医師の志望動機<泌尿器科>へ転職

@内科から泌尿器科へ転職をしていく場合
泌尿器科にはもとから興味があり、内科医として勤務をしている中でも泌尿器科に関連するような症状を多く扱ってきました。内科医として泌尿器科に関する最低限の知識も持っており、今回その知識や経験を更に深く活かしていきたい、経験を積んでいきたいと思い、泌尿器科へ転科していくことを決めました。泌尿器かはどこか偏見を持たれてしまうことも多いのですが、そのような偏見をなくしていきたいという思いも、転科の背景にはあります。

貴院は泌尿器科に関して専門的な治療を展開しており、専門的な治療の現場を知る、経験を積んでいくのに適していると判断させていただきました。治療をしていく際の設備も非常に豊富に揃っていることも非常に魅力的に感じております。泌尿器科に特化している診療機関は少ないので、是非勤務をさせていただければと思います。

A産婦人科から泌尿器科へ
産婦人科において、10年以上の経験を積んできました。産婦人科での治療をしている中では泌尿器に関するトラブルを抱える人も少なくありません。そのためどうしても泌尿器に関する知識は必要になってきます。泌尿器科に関して次第に興味は大きくなってきていることに気付き、治療にかかわっていきたいと思うようにもなりました。産婦人科が嫌になってしまったということはなく、泌尿器科に関する興味がとても大きくなっていったということになります。

貴院の泌尿器科に志望をした理由としては泌尿器科で経験を積んでいきたいと思って言える自分にとって実績豊富な医師の先生がいるということや、施設が充実していることが大きく影響しております。産婦人科としての経験はありますが、泌尿器科としての経験はないので、勉強をしていく環境としてはベストであると考えております。

B肛門科から泌尿器科へ転職をしていく場合
肛門科として経験を積んでいるとどうしても泌尿器科の知識が必要になることがあります。非常に深い関係を持っていることもあり、泌尿器科にも興味がわいているのが現状です。泌尿器科自体で仕事をしているわけではないので、泌尿器科の症状や全てを知っているわけではありませんが、ある程度即戦力として勤務をすることはできます。

貴院は経験者を優遇してくれるということもあり、肛門科としての経験をしっかりと活かしていきたいという思いがあります。泌尿器科に関する勉強は医師として仕事を始めた時期に戻ったつもりになり、1から学習をしていこうと思っている次第です。

医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 医師志望動機ガイド【※事例別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.