医師の志望動機<放射線科>へ転職

診療科別の医師志望動機の例文TOP >> 診療科別 >> 医師の志望動機<放射線科>へ転職

医師の志望動機<放射線科>へ転職

@外科から放射線科へ転職をしていく場合
外科的治療で放射線科とかかわっていく場合も多くありました。それゆえに放射線科にはつねに興味がありました。治療で大きな意味を持ってくる放射線はこれからますます注目されていくと考えています。その際に、最先端の治療にかかわっていきたいという思いから、今の段階で放射線科に転職をすることを決意しました。放射線科には放射線科特有の知識や、技術が必要になるかと思います。その際にはしっかりと経験を通してそれらを身につけていきます。

貴院は放射線科の存在が大きく、治療や検査で活躍している様子をお見受けしました。そのため貴院の放射線科で仕事をすることができれば、多くの現場で仕事をしていくことができると思い、それは自分のメリットになると考えました。

A内科から放射線科への転職をしていく場合
内科医として勤務をしていると放射線科との接点はあまりなかったのですが、放射線についての研究や人体に対する影響などには昔から興味があり、その第一線で仕事をしていきたいという思いがあります。今回丁度機会が良かったため(貴院という魅力的な職場を見つけることができたため)放射線科への転科をしようと決めました。

放射線科の設備、技術、体制の全てにおいて貴院に魅力を感じており、第一線で仕事をしていきたいという自分のニーズと非常にあっていると感じました。放射線科の医師としてこれらの要素を上手く活かしていけるよう自己研鑽は怠らないようにします。

B神経科から放射線科への転職をしていく場合
神経科として脳の症状に対応をしてきた中、新しい分野に興味を持っていきたいという思いもあり、一大決心をして神経科から放射線科に転科をしようと決めました。神経科で仕事をしている場合も画像検査などで放射線にかかわることはありましたが、本格的なかかわりをしたいという思いがあります。貴院であると、設備面は最先端の状態になっており、放射線に関する研究も行なっているということから、常に新しい情報の元で経験を積んでいけると考えました。

放射線科はこれから治療や検査において大きな存在感を持ってくると考えております。その際に貴院で最先端の治療にかかわることができれば、医師としての大きなステータスになると思っております。将来的に魅力的な放射線科医になれるよう、常に情報には敏感になっておきたいと思っております。

医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 医師志望動機ガイド【※事例別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.