医師の志望動機<一般内科>へ転職

診療科別の医師志望動機の例文TOP >> 診療科別 >> 医師の志望動機<一般内科>へ転職

医師の志望動機<一般内科>へ転職

@外科から一般内科へ転職する場合
外科を担当していく中で、内科に関する興味が大きくなり志望をしました。外科の診療をしていくことで、内科と外科とのつながりや、症状の密接性について大変大きな関心を抱き、外科の知識や技術を一般内科の中で活かしていきたいという気持ちがあります。外科については手術なども担当してきており、内科に対する知識も豊富にあります。

内科としてじっくり取り組んでいける場所を探していたところ、貴院と巡り合うことができ、自身の興味と重なったため、転職を希望しております。 医師としてより幅広い症状に対応していけるようになりたいという将来への展望があります。その際に内科の知識、経験を持っておけば、それに大きく近づけるとともに、自分自身医師としてのキャリアを積んでいけると考えました。

A大きな病院から小さな診療所の一般内科に転職する場合
地域を支える、地域の拠点となるような大規模な病院で一般内科医として活躍をしてきました。しかし、より地域に密着をした医療を提供していきたいという気持ちが強くなり、転職を決意しました。大きな病院の中で多くの職業と協力をしながら仕事をしてきたので、様々な職業の価値観を理解することができています。そのため一般内科医としてだけではなく、総合的に医師として患者を支えていけるような人物になることを目指しています。特定の疾患のみではなく、一般内科プラス、総合診療における対応ができるような知識を身につけられるよう自己研鑽をしていきたいと考えております。

今までとは環境が大きく変わり、これまで以上に意識を高めていき、医師としての責務を果たしていかなければいけないと思っております。医師としてより高みを目指していけるよう日々努力をしたいと思っております。

B未経験の状態、ブランクがある状態で一般内科へ転職する場合
内科に関しては経験をしてきてはいませんが、医師として内科の知識を身につけていきたいと思い、一般内科のある貴院を希望しました。一般内科に対しての知識はありませんが、研修体制が整っている、現場で豊富に経験を積んでいくことができることから医師として新しい可能性を開いていくことができるのではないかと思っております。

自分自身医師としてまだまだ未熟ではありますが、一般内科医として立派な医師になれるように、常に高いモチベーションを維持していきたいと考えております。知識がないというマイナス要素を吸収力の高さというメリットに変えていけるように、日々精進致します。将来的に魅力ある一般内科医になれるよう、患者に対してベストな治療を提供できるように努力すると同時に、柔軟な知識、経験をしていければと思っています。

医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 医師志望動機ガイド【※事例別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.