医師の志望動機<耳鼻科>へ転職

診療科別の医師志望動機の例文TOP >> 診療科別 >> 医師の志望動機<耳鼻科>へ転職

医師の志望動機<耳鼻科>へ転職

@眼科から耳鼻科へ転職をしていく場合
眼科医の経験が5年ほどあり、それ以前にも医師としての経験があります。今回菌で耳鼻科の医師として仕事をしたく志望をさせていただきました。耳鼻科を志望した理由としては、眼科を経験し、眼科の症状で耳鼻咽頭に関する症状を理解しなければいけない場面が多く、それにともなって興味が強くなったからです。貴院は耳鼻科としての歴史も深く、多くの実績を持っているため、そこで勤務できれば、根拠ある勉強をすることができると考えました。

他の志望動機としては耳鼻科としての印象や評価も高いことも影響しています。医師としてしっかりとした治療をしていきたいと思っているため、評価の高さというのはやはり魅力的でした。自分自身が勤務する際には、その評価や評判を決して落としてしまわないよう努力いたします。

A内科から耳鼻科へ転職をしていく場合
内科から転職をしていく理由は、耳鼻科に関する症状に対して、対処をすることができることは内科としての武器になると考えたからです。耳鼻科の症状が人体に大きな影響を与えてしまうこともあると内科医を通して実感したため、しっかりと対応していけるような実力をつけていきたいと思っています。

貴院は耳鼻科に関する設備がしっかりしており、多くの患者様を対応してきているという実績があります。そのため志望をさせていただきました。また名医の先生が多く揃っていることも魅力的であり、そこで勉強をしていきたいという強い気持ちもあります。貴院で仕事をすることができれば医師としての実力をつけていくと共に、耳鼻科医として実績をしっかり積んでいけるのではと考えております。

B外科から耳鼻科へ転職をしていく場合
外科医として手術をする際に、耳鼻咽頭に関して対処をすることも多くありました。そこで専門的な知識がほしいと思うのと同時に、耳鼻科に興味が出てきました。起因は耳鼻科でありながら設備が非常に揃っており、外科的な治療も可能ということで、外科医としての自分の技術を効果的に発揮できると考えました。耳鼻に関する症状の理解も全くないわけではなく、外科的な視点で勉強をしてきております。

耳鼻科での経験はありませんが、即戦力になれる自信はあります。もし足りない知識や、必要な知識があった場合には積極的に勉強をし、吸収していくつもりです。耳鼻科についての専門的な医師になることも目指しており、長期的に勤務をさせていただければとも思っております。

医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 医師志望動機ガイド【※事例別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.