医師の志望動機<リハビリテーション科>へ転職

診療科別の医師志望動機の例文TOP >> 診療科別 >> 医師の志望動機<リハビリテーション科>へ転職

医師の志望動機<リハビリテーション科>へ転職

@外科からリハビリテーション科へ転職をする場合
外科として勤務をしているとリハビリテーションの重要性をみることが多くあります。そのため自分自身リハビリテーションにかかわっていきたいという強い思いがありました。外科医として多くの経験を積んできた今、リハビリテーションとして貴院で新しく医師としての経験を積んでいきたいと感じ、志望をしました。貴院はリハビリテーションにしっかりと力を入れている施設であり、同時に、リハビリテーションに関しての理解や、価値観が非常に新しいものと感じたため志望をしたことになります。

リハビリテーションに関しての知識というのはとても十分ではありませんが、外科医としての知識と合わせて、リハビリテーションをしっかりと理解していきたいと思います。

A精神科からリハビリテーション科へ転職をしていく場合
精神科で長年勤務をしてきましたが、勤務をしてきた中で、身体機能の重要性や、身体機能と精神機能の関連性というのを非常に痛感してきました。そのためリハビリテーション科でその経験を活かしていきたいと思い、貴院への転職を志望しました。リハビリテーションは精神科でも行ないますが、リハビリテーションに特化したリハビリテーション科で経験を積んでいくことができれば、今自分が感じていることをよりしっかりと経験にしていくことができると考えております。

精神科での経験をリハビリテーション科で活かしていけるように、医師として1から学びなおさなければいけないことが多くあると思います。できる限り早くそれらを学んでいけるよう努力をするつもりです。

B内科からリハビリテーション科に転職をしていく場合
内科として医師勤務を長期間してきましたが、自分の能力はリハビリテーション科でしっかりと発揮していくべきだと考え、リハビリテーション科に志望をしました。もともとリハに興味があり、それを意識した内科としての治療なども行なってきました。内科医として十分にやってきたので、少し気持ちを変えていくためにもリハビリテーション科に転職をしていければというのが今回転職をするに至った背景となります。

貴院を志望させていただいたのは、リハビリテーションと真剣に向かい合っている治療方針、そして充実した医療従事者、体制作りに大きな可能性を感じたからです。医師としてこの体制の中で仕事をすることができるようになれば、きっと良い経験を積んでいくことができるのではと思っております。

医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 医師志望動機ガイド【※事例別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.