医師の志望動機<老人科>へ転職

診療科別の医師志望動機の例文TOP >> 診療科別 >> 医師の志望動機<老人科>へ転職

医師の志望動機<老人科>へ転職

@内科から老人科へ転職をしていく場合
内科において高齢者と向き合うことが多く、高齢者専門に医師をしていくことができればと考えていたところ、貴院の老人科を見つけることができました。老人科で医師として仕事をしていく際には、内科の知識を利用していき、ひとりひとりと向き合って診察をしていきたいと思っています。内科勤務をしている中で高齢者の特徴、症状の特徴などを理解してきているため、老人科でもこの能力をしっかりと発揮していくことができます。

貴院は高齢者医療に対して最先端の技術を持っている医療施設であり、最先端の設備や環境のもとで内科医としての技術も磨いていきたいと思っています。貴院で勤務できる日を非常に楽しみにしております・

A胃腸科から老人科へ転職していく場合
胃腸科では高齢の方も足を運んでくれることが多く、高齢者に対して診断をすることも多くあります。胃腸科ではありますが、高齢者の悩みを聞いたり、体調管理をすることも多く、内科のような役割を果たしていくこともあります。より高齢の方の力になれればと思い、貴院の職場を志望しました。貴院の職場は高齢者を受け入れる環境がしっかりとできている施設であり、医療的な設備も整っています。その中で医師として活躍をしていきたいと思っています。

胃腸科の経験を活かしていくことはもちろんですが、それだけではなく、しっかりと高齢者を全面的にサポートしていけるように総合的に医師として勉強をしていこうと思っております。高齢者の力になれる医師に最終的になれればと思います。

B心療内科から老人科へ
内科としての意味合いも持ってくる心療内科から老人科への転職を検討した背景には、高齢者医療に強い興味があり、高齢者に特化した医療を医師として展開していきたいと思ったからです。心療内科としての経験が無駄になってしまうとは少しも思わず、経験を活かしていきながら老人科で仕事をしていきたいと思っています。貴院は老人の症状や病気の治療から、精神的なケア、サポートなどを行なっているため、より自分の経験を活かしていけると考えました。

心療内科の経験は8年ほどになりますが、老人とかかわっていく医療の実績はそれほどありません。ですが、医師としてのこれまでの経験を十分に発揮しながら充実した医療に繋げていきたいと思っています。医師として足りない部分があればそれをしっかり補っていくことを常に心掛けていきたいと思います。

医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 医師志望動機ガイド【※事例別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.