医師の志望動機<産婦人科>へ転職

診療科別の医師志望動機の例文TOP >> 診療科別 >> 医師の志望動機<産婦人科>へ転職

医師の志望動機<産婦人科>へ転職

@泌尿器科から産婦人科へ転職をしていく場合
泌尿器科で10年ほど勤務してきましたが、泌尿器科は性的な病気などと関与している場合も多く、そのようなことが影響し、妊娠などにも興味を持ち始めたのがきっかけとなり、産婦人科を志望しました。泌尿器科で培った知識は、産婦人科でも活かしていけるという強い思いがあり、また産婦人科が減ってきているということも影響し、産婦人科で仕事をしていきたいという強い気持ちがあります。

産婦人科として仕事をしていく場合には、現場の医療従事者との連携がとても重要になると思っております。そのため医師として現場の連携をとても大切にしながら仕事を続けていきたいと思っています。医師としてしっかり成長していけるように産婦人科に関する勉強にも力を入れていきたいと思っております。

A産婦人科から産婦人科へ転職をしていく場合
産婦人科医として仕事をしていく中で、自分の中で産婦人科の理想像のようなものが大きくなってきたため、今回転職を決意しました。貴院を志望している背景には、貴院の方針、施設に大きな魅力を感じ、まさに自分の理想像にあっていると感じたからです。貴院で産婦人科医として仕事をすることができれば、自分自身の大きなレベルアップにつながっていくと考えております。

今現在の職場であると、仕事の量や勤務日数に不足を感じ、さらなるレベルアップが難しいというのも大きな要素ではあります。自分自身向上心は強く、産婦人科の医師として他の医師にはないような魅力を持っていきたいという強い気持ちもあり、それも転職に影響しています。貴院であれば、勤務日数も多く、勉強できる時間を多く作っていけるのではと思っており、それも志望動機として大きなものとなっています。

B眼科から産婦人科へ転職をしていく場合
眼科医として今現在は仕事をしていますが、もともと産婦人科を目指していたことも影響し、産婦人科に対する興味が非常に大きくなったため、転職を決意しました。産婦人科としての経験はなく、眼科の知識を活かしていけるかどうかはわかりませんが、医師として最低限の質を保っていけるように努力することは当然、産婦人科の医師として成長できるように自己研鑽を心掛けていきます。

貴院を志望した理由としては、研修体制がしっかりしている点が大きいです。産婦人科としての経験がない自分にとって、研修がしっかりとできる点はとても魅力的で、自己研鑽をしていく際にも大きなメリットになると考えております。

医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 医師志望動機ガイド【※事例別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.