医師の志望動機<性病科>へ転職

診療科別の医師志望動機の例文TOP >> 診療科別 >> 医師の志望動機<性病科>へ転職

医師の志望動機<性病科>へ転職

@泌尿器科から性病かへ転職していく場合
泌尿器科の診療では性病に関する症状を扱うこともあります。そのため性病には元々興味がありました。今回性病科に転職を決めた理由としては、泌尿器科の知識を利用して本格的に性病に対して対応をしていきたいと思ったからです。性病というと誤解を生んでしまうことも多くあり、症状を悪化させてしまう患者様も多いため、そのような背景を変えていければという思いもあります。

貴院は性病に関する理解が深く、治療にもその理解をしっかりと活かしており、患者様の評価も高いということで志望をしました。性病に関して理解が深いということは医療従事者としても自己研鑽をすることができると考えております。性病科の医師として常に知識を高めていくつもりです。

A皮膚科から性病科へ
皮膚に関するトラブルは多くのことが原因になっているものですが、皮膚科での症状の中で性病に関する症状を扱ったことがあります。それがきっかけで性病に関して自身で勉強していくことが続くなか、性病科でも医師として仕事をしていきたいと思い始めました。性病に関しての知識はある程度あり、性病科での実績はありませんが、皮膚科の実績をしっかりと発揮しながら性病科に勤務をすることができればと思っています。

性病科に関して貴院は非常に知名度が高く、それゆえに数多くの症例を扱ってきているとお見受けします。経験や実績を積んでいきたいと思っている自分にとってこのような環境はとてもメリットがあります。性病に対する理解を深めていくとともに、数多くの患者様の力になれればと思います。

B内科から性病科へ転職をする場合
内科から転職をしようと、検討しているところ、「性病科」というものに出会いました。あまり知名度的には高くないため、自分はあまり知らなかったのですが内科と関係する面もあり、興味も出てきたため、転職を決意しました。性病に対しての知識というのは正直それほど多くはありませんが、性病科の医師として貴院で仕事をしていく際には、しっかりと勉強をしてきたいと思っています。

貴院は設備が整っている点も大きいですが、研修などに力を入れている点も見逃せない点と考えました。特に自分のように知識が少ない医師にとって、研修体制が整っているという点は大きな魅力のように感じます。仕事をしていく中で、しっかりと経験をつみ、医師として内科、性病科に理解のある存在になりたいと思っております。

医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 医師志望動機ガイド【※事例別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.