医師の志望動機<海外>へ転職

診療科別の医師志望動機の例文TOP >> 事例別 >> 医師の志望動機<海外>へ転職

医師の志望動機<海外>へ転職

@病院から海外勤務へ転職をしていく場合
病院で通常の医師として勤務をしていたのですが、自分の可能性を広げてみたい、もっと多くのことを見ていきたいという思いから海外勤務を志望しました。海外であれば日本の医療とは違う医療を体験でき、それらを全て自分の勉強にしていくことができると思ったからです。海外となると言語などが必要になりますが、言語に関する勉強なども積極的に行なっていきたいと思っております。

海外には元から興味があり、どこかで海外に関する仕事をしていきたいと考えていました。医師として海外勤務をしていけるとなれば自分にとっても非常に都合が良いことになります。是非海外でお仕事をさせていただければと思っております。

A企業の医師から海外勤務へ転職をしていく場合
企業の医師として海外勤務を志望します。企業の医師として長年勤務をしてきましたが、そろそろ新しい分野で医師としての経験を積んでいきたいと思っておりました。その時丁度海外勤務の話を耳にし、志望をしました。海外勤務は始めてとなりますが、海外や外国に関しての理解は深く、言語についても日常会話レベルの言語であれば、現段階でも問題なく話していくことが可能です。

海外勤務をしていく際の転居や手続などについても自分でしっかりと行なうことはできるくらいの知識はあります。そのため医師としての能力を活かしていくだけでなく、自分のことは自分で行なうということを意識しながら転職をすることができます。

Bクリニックから海外へ
クリニックで勤務をしてきましたが、海外勤務に興味が出てきました。海外勤務というのは経験もなければ、自分自身海外に関して精通しているということもありません。しかし現状の医師のレベルを変えていく、大きな可能性を広げていくためには、海外で勤務をしていくのが一番であると考えました。そのため志望をさせていただいた次第です。

海外に関しての理解はそこまでありませんが、医師としての知識、技量についてはしっかりと自信を持つことができます。海外勤務に向けて、文化の勉強、言語の勉強は当然、勤務地となる医療についてもしっかりと学んでいきたいと思っております。特に医療に関しては日本と違う部分が数多くあると言えるので、医師として最低限知っておかなければいけないことだけではなく、医師として知っておくと良いことについても前向きに学習を進めていきたいと考えております。

医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 医師志望動機ガイド【※事例別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.