医師の志望動機<献血関係>へ転職

診療科別の医師志望動機の例文TOP >> 事例別 >> 医師の志望動機<献血関係>へ転職

医師の志望動機<献血関係>へ転職

@一般病院から献血関係の職場へ転職していく場合
一般病棟で長年勤務をしてきた中で、この度献血関係の職場への転職を希望し、貴院を志望しました。献血関係の仕事をしていきたいと思った理由は医師として多くの現場を見ておきたいという思いと同時に、偶然献血関連の仕事をすることがあり、自分に向いていると思ったからです。貴院は検査などを通して献血にかかわっていける場面が多いと考え、志望をした次第でございます。

献血に関して、自分でも経験があり、得意としています。また血液に関する検査内容や、症状などにも医師として精通しているためスムーズに職場に入り込んでいくことはできると考えております。献血関係の仕事を通して医師としての成長を図っていきたいです。

A耳鼻科診療所から献血関係の転職をしていく場合
耳鼻科の診療所で経験を積んできました。今回献血関連の職場を探していたところ、御社とめぐり合うことはできました。御社は献血を専門的な業務として行なっており、医師を募集していたことも相まって今回志望させていただきました。診療所での経験は耳鼻科ではありますが、細かい対処をすることも多く、手先の器用さには自信があります。献血に関しても、医師として初心に返り、しっかりと経験を積んでいければと思っております。

医師としてまだまだ若輩者ではありますが、御社を通して魅力的な医師に成長していきたいという強い思いがあります。もちろんこれまでの医師としての経験も活かしながら、勤務をしていくつもりです。

B大学病院から献血関係の仕事へ
大学病院で医師として勤務をしてきたのですが、体力的な厳しさも大きくなり、献血関係の仕事をしていきたいと思いました。献血関連の研究や業務を専門的に行なっている貴院であれば自分の長年の経験を活かしながら、業務を遂行していけると感じました。献血に関する業務もそうですが、そこからの検査や研究体制や施設が充実している点が自分にとって大きな魅力であり自分の医師としての最後の成長に繋げていくことができると考えております。

大学病院という大きな施設で仕事をしていたという経験は医師としてきっと大きな経験になっていくと思っております。そのため施設の体系や種類は変わっていきますが、貴院の中でも医師として責任ある仕事をしていくことができると自負しております。医師としては中堅の域に入ってきてはいますが、初心を忘れずにしっかりと仕事をしていくことをお約束します。

医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 医師志望動機ガイド【※事例別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.