医師の志望動機<労災病院>へ転職

診療科別の医師志望動機の例文TOP >> 事例別 >> 医師の志望動機<労災病院>へ転職

医師の志望動機<労災病院>へ転職

@病院から労災病院へ転職をしていく場合
医師として一般的な病院だけではなく、労災病院で仕事をしてみたいと思ったのが転職のきっかけです。労災病院などで職場復帰のための支援をしたいと思い、労災病院である貴院を志望しました。リハビリテーションなどにも興味があり、患者様を全面的にサポートしていくことができればと考えております。また一般の病院での知識などは問題なく労災病院で活かしていけると考えているため、経験者としてすぐに職場に馴染んでいきたいとも思っております。

貴院は労災病院として、リハビリテーションセンターなども併設しており、自分の全面的な支援をしていきたいという思いをしっかりと具現化していくことができると考えました。医師としても魅力も伸ばしながら、しっかりと地域に貢献をしていきたいと思っております。

A個人診療所から労災病院へ
長年個人の診療所で仕事をしてきたのですが、多くの人に対して本格的な支援をしていきたいという思いがあり、今回を機に転職をしていこうと決めました。なぜ労災病院であるのかというと、診療所で仕事をしている時に、もう一度仕事に復帰したいという人や、仕事にやりがいを感じている人が多く、仕事をしている人の支援をしていきたいと思ったのが大きなきっかけとなりました。個人の診療所での経験というのは、リハビリテーションなどにもかかわってきたので、医師として広い見識を持っています。

貴院であれば、労災病院としての規模も十分であり、多くの人の力になれると感じました。労災病院での仕事は始めてではありますが、これまでの知識や経験をフル活用していきます。

B精神病院から労災病院へ転職をしていく
精神病院から労災病院である貴院へ転職を志望します。貴院は労災病院として、総合的な治療を行なっている一方で、リハビリテーションや、就労支援なども行なっている魅力的な病院と考えました。そのため貴院で労災病院の医師として活動をしていきたいと思いました。貴院の医師として仕事をすることができれば、精神病院で培った精神的な支援や治療と合わせて、質のよい医療の提供をお約束します。

精神病院時代には、症状の安定と共に、治療を心掛けた医療を提供してきており、常に自己研鑽を欠かさず、患者様の力になれるよう努力をしてきました。精神病院による精神的な支援だけではなく、多くの方面から支援をしていきたく労災病院への転職を決めた背景もあります。

医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 医師志望動機ガイド【※事例別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.