医師の志望動機<船医>へ転職

診療科別の医師志望動機の例文TOP >> 事例別 >> 医師の志望動機<船医>へ転職

医師の志望動機<船医>へ転職

@病院から船医に転職をしていく場合
もともと船や航海に興味を持っており、今回船医を志望させていただきました。船医についての勉強はまだ途中段階ではありますが、将来的な職場として、志望をさせていただいた次第となります。船医としての職場は通常の医師とは大きく違ってきますが、船医としての役割をしっかりと果たしていけるように勉強はしていきます。勉強をしていく中で、船医特有の知識などもしっかりと身につけていきます。

もともと興味があったということが大きく影響しており、興味をもとに行動に移させていただいております。しかし業務内容に対する理解というのはしっかりとしているため、自分の知識や経験を活かしながら業務をしていきたいと思っております。

A海外勤務から船医に転職をしていく場合
海外勤務でしっかりと仕事をしてきた中、まだまだ海外に関する仕事をしていきたいと思い、船医を志望させていただきました。海外で医療や言語の勉強はしてきており、海外に関する知識や要素というのは非常に身につけております。船医における必要な要素は、医学的な知識だけではないと思っております。臨機応変な対応力なども必要になるため、しっかりとそれを意識していきながらそれを実行していきたいと思っております。仕事を経験していく中で能力のある船医を目指します。

海外における勤務経験、医師経験には自信があり、背にとして必要になってくる対応力にも自信があります。決して医師としてでしか能力を発揮することができないというような人材ではなく、幅広い活躍ができる医師として成長していたいです。

B診療所から船医に転職をする場合
医師の勤務として長年診療所で仕事をしてきました。診療所であると地域に密着をした医療を展開しておりました。環境をしっかりと変えていきたいと思い、今回船医になろうと思いました。船医については昔から興味があり船医になっていきたいという強い思いは昔からありました。診療所で経験を積んでいた中でも、その思いというのはなくなることはなく、医師として十分な経験を積んでいくことができた今、船医を目指していこうということになりました。

船医というと、激務のイメージがあり、労力なども多く必要になるかと思いますが、医師としてそこはしっかりと対応していき、自分なりに価値を見出していきたいと思います。船医として長期間仕事をしていきたいので、実力をしっかりと身につけていきたいです。

医師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 医師志望動機ガイド【※事例別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.